スタッフブログ 2021.01.14 「リフォーム事例Ⅱ~神奈川支店O様邸~」

木曾ひのきの家もりぞう 神奈川支店の桜山です。

もりぞうの公式ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

前回から少し時間があいてしまいましたが、神奈川支店が初めてお請けしました

リフォーム事例のビフォアーアフターをお送りしたいと思います。

 

第2回目の今回は、水廻りのリフォームのご紹介です。

メインのトイレは数年前にリフォームをしたばかりだったので、

今回は扉の変更と壁紙・床材の変更をしました。

扉の高さを高くしたことで行き場のなくなった収納の場所も、トイレの背面に移動しました。

リフォーム全体の雰囲気に合うように、アクセントにブルーグレーのクロスを選びました。

内装の変更だけでも、今までと雰囲気がガラッと変わりました。

洗面化粧台は今回大きく変わったうちの一つとなります。

洗面台の奥にある浴室の扉の変更や、窓をなくし洗面台を造作の洗面化粧台に、

洗濯機置き場の場所も変更し、それに伴い入口扉の位置も変更しました。

こだわりの造作洗面化粧台が、こちらです。

O様が気に入られた、厚みのあるケヤキの一枚板を天板として使用しました。

洗面ボウルは深さを重視されていたので、医療用の物をおススメしました。

トールの可動収納を作ったことで、収納量がアップしました。洗面まわりの物はもちろん、

ご家族のお着替えやタオルなどもこちらに持ってこられるようになりました。

横長のミラーで広さも感じられ、濃紺のタイルもアクセントとして活きています。

こちらは、子世帯さまのために今回新設したトイレとなります。

限られたスペースの中にスッキリと手洗いが収まっています。

小さなお子様が使われるという事で、可愛らしい雰囲気に仕上がりました。

ステンドグラスの飾りが入った扉がとても印象的です。

最後にご紹介させて頂くのはキッチンです。

壁に向かって設置されていたキッチンから、開放的なオープンキッチンへと変更しました。

ショールームでO様が一目で気に入られたブルーグレーのキッチンが、

今回のリフォームデザインを考える上での軸となりました。

 

床材が無垢のチーク材で決まっていたことと、

LDKは明るい雰囲気にされたいというご要望から、

ブルー・チーク色・グレーの色味を中心に全体のイメージを作り上げていきました。

玄関との境に設置したステンドグラスも違和感なく空間に馴染んでいます。

 

いかがだったでしょうか?

次回は、和室のリフォーム事例をご紹介させて頂きます!

 

木曾ひのきの家 もりぞう

神奈川支店 コーディネーター 桜山