こだわりの家づくり デザインへのこだわり

伝統と新しさの融合。
永く愛される和モダンデザイン

外観デザイン

和の様式美

古くから、日本人の心に息づく、木と光が織りなす伝統的な造形美。どこかぬくもりを感じる空間。未来へと受け継がれる和のデザインこそが、住まいに普遍的価値を生み出します。

和の知恵と粋

深い軒

外と内が無い曖昧な空間。雨の日でも思いをはせ、過ごせる場所。中間的な空間が存在する建築の中には日本人が持っている優しさの原点があります。

むくり屋根

日本の伝統美を表す独特の丸みを帯びた美しい外観。伊勢神宮や桂離宮などにも用いられている屋根手法です。上品な雰囲気を引き立てます。

プランニング&インテリア

自然とつながる

季節の変化を楽しむだけではなく、風向きを把握して心地良く風を通すよう、窓を配置。日差しをコントロールし、やさしい明かりを作りだします。

中庭

プライベートな寛ぎのスペースとして、日常の中に少し特別な癒しの時間を作ります。

土間

中と外を緩やかにつなぎ、自然を感じる心地良い土間は、訪れる人をもてなす場や家族の憩いの場になります。

家族をつなぐ

吹き抜け

上下階をつなぐ大空間の吹抜け。そこは家族の気配を感じ、光、風の通り道にもなり、いつも快適な空気で満たされています。

スキップフロア

大きな吹き抜けをつなぐスキップフロア(中二階)をつくることによって1階と2階を空間的・視覚的にゆるやかに結び、大きな開放空間が生まれます。どこにいても家族の気配が感じられる、素敵なパブリックゾーンになります

ひのき大黒柱

吹抜けに堂々とそびえ立つひのき大黒柱。家づくりの想いをいつまでも受け継いでいくためのシンボルがここに存在します。

経年を愛でる
自然の素材インテリア

無垢の床

厚さ20mm。素足で感じる、木肌のぬくもり、心地良さが感じられます。経年と共に変化する色合いや傷に、愛着が深まります。

無垢の羽目板天井

天井を一面を覆う木肌は、まるで木々に包まれているような温もりがあり、癒しの空間を生み出します。

あらわしの柱

希少価値が高く木肌の美しい木曾ひのきだからこそ、実現できる真壁仕様です。いつもひのきの香りと木肌を感じ、無垢材ならではの経年変化は愛着がわいてきます。

珪藻土の壁

優れた調湿性が特徴ですが、ひのきの木肌とも良く馴染む、自然素材の持つやわらかな表情も愛されています。

その他のコンテンツ