こだわりの家づくり 健康へのこだわり

高断熱 快適さは体感温度で決まる。

高気密 快適性を高める空気のコントロール。

  • 気密とは

    住宅の隙間を出来る限り減らして、外気の影響(夏暑く、冬寒い)を受けずらくすることです。気密性が低いと、室内の温度環境が悪くなります。外気の影響を受けないためには、気密性を高めることが重要であり、気密性が高いと計画的な換気が行えるようになります。

  • 高気密は息苦しいという誤解〈高性能熱交換型システム〉

    気密性が低いと、隙間から空気を取り込んで排出してしまい、うまく空気が入れ替わらず滞留してしまいます。気密性を高めることによって、室内の空気を無駄なく、換気することができます。もりぞうでは、独自の熱交換型システムを採用し、部屋の温度を保ちながらきれいな空気を保ちます。

  • 底冷え対策は床下がカギ

    もりぞうの家は基礎も気密断熱性能に優れています。床下が密閉されているため、冬の冷たい外気が直接床下に入り込むことはありません。一方で床下には室内から空気が入り流れ、寒い冬でも室内と床下との温度差が小さくなります。足もとの冷たさからくる不快感が和らぎます。

高性能の窓 家の性能・健康に直結する窓

  • 家と健康の大敵「結露」と「冷え」

    冬は暖房で暖められた熱の半分以上が窓から失われ、夏に室内へ流れ込む熱の約7割は窓から入ってきます。
    また、室内外の温度差が結露を生みます。窓を制することが、快適さと健康への近道です。

  • 高性能樹脂サッシ×Low-E複層ガラスで断熱性を高める

    開口部(窓)の断熱性能を高めるには、サッシとガラスの組み合わせで気密・断熱性能の高めることが大切です。

  • 断熱タイプ

    寒い地方に適した高断熱性ガラス。暖かい太陽光を取り込み、室内の暖房熱をにがしません。

  • 遮熱タイプ

    夏の強い日差しをカットし、冷房効果を高めます。冬期は熱を外に逃がさないので暖かく過ごせます。関東以南の住宅に最適です。

パッシブデザイン 光・風・緑と。自然の力をいただく。

  • 住まいに心地よく、エコに暮らせる
    設計デザインを。

    風や光、植栽を有効活用し、自然と共に四季を通して気持ちの良い暮らしや、心身共に健康な生活へと導きます。エアコンや暖房器具に頼らず、、自然の力を最大限に利用してエネルギー消費を抑えられるプランです。

  • 太陽光のコントロール

    深い軒や土庇は、夏と冬の太陽の角度の違いを上手に活用し、冬だけ、太陽が家を暖める工夫が盛り込まれています。

  • 風の通り道をつくる

    綿密に計算され配した窓、吹き抜けがあり、ゆるやかで一続きの空間設計は、空気がめぐり快適な室温環境を保ちます。

  • 外空間・緑・光の取り込み

    植栽は夏には葉が生い茂り、日射しの侵入を遮ってくれます。冬には葉が落ち、太陽の暖かさが部屋に届くことで自然の温かみを感じられます。

数字でみる、
もりぞうの家の快適性。

もりぞうの家はUA値≒0.36〜0.46。北海道の基準(0.34〜0.46)をクリアする国内トップレベルの断熱性能です。

その他のコンテンツ