ひのきの家に住んでみて。 お客様の暮らし

「母の思い出を繋ぎ、人が集う憩いのゲストハウス」

INTERVIEW 3

  • 取材日/2019年12月
  • 建築場所/神奈川県川崎市
  • 建築規模/平屋・ゲストハウス
  • 家族構成/ご夫婦

自宅の隣に建てられた平屋のゲストハウス。大きな窓から降り注ぐ暖かな日差しの中、近隣にお住まいの息子さん、担当営業の斉郷氏もかけつけ、和やかで楽しいインタビューとなりました。

スタッフ もりぞうとの出会いは?

ご主人 母が亡くなり、漠然とここの母屋をどうしていこうかと思っていた時です。たまたま別件で「もりぞう」のことを知り、モデルハウスに見学にいきました。そこでとても熱い想いを語ってくれたものですから、もりぞうの家づくりコンセプトに興味が持てました。またモデルハウスの「お風呂」も非常に印象的でした。

スタッフ ひのきの、ですか?

ご主人 はい、「あ、我が家と一緒だな」と。木のお風呂って、最近なかなかないんですよ。何か大事にしているものが一緒なのかなと共感しました。説明も丁寧でしたね。実はひのきも色々あって、木曾ひのきがいかに根性があるかとか、構造材をみせていただきながらお話しを聞いて納得でしたね。改めて、木の持つ素晴らしさに触れた気がしました。

スタッフ それでこの家を?

ご主人 いいえ、まずは、自宅のお風呂のリフォームをお願いしたんです。見学したモデルルームを建てられた大工さんで。それでその仕事ぶりに感激しました。これはもう、あの母屋も何とかしてもらおうと決めました。

スタッフ いよいよこだわりの家づくりがスタートしたわけですが、本当に細部までこだわりがすごい!着工するまでに時間がかかりましたか?

ご主人 するまでも、してからもそれなりにかかったかな?

斉郷 K様はアイデアをたくさんお持ちだし、すごくやりたいことが明確なんです。だから、とても勉強になりましたし、楽しんで取り組ませて頂きました。結果、時間がかかってしまうこともありましたが、納得いただけたのではと思っています。

奥様 設計はもちろん、細かい素材にいたるまで、とことん付き合ってくれましたよ。

スタッフ お気に入りのポイントは?

奥様 「ここが」といったピンポイントな感じではなくて、この「空間」がいいなと思っています。LDK、和室と一間続きで、一体感と開放感があるでしょう。キッチンもシンプルにまとめて、素材の色や質感にこだわって、トータルコーディネートしています。
スタッフ 確かになんともいえない、居心地の良さがありますねそして、この広々とした窓からの眺めは素晴らしい。まるで窓枠が額縁のように庭をきりとり見事です。

奥様 そうなんです。だからカーテンも敢えてつけませんでした。この眺望を遮るものは極力排除してもらいました。壁や柱の位置を調整するのはなかなか大変でしたけど、この自然との一体感は何事にも変えられません。深い軒のおかげで日差しもちょうど良く、気になりませんし。

スタッフ 息子さんからみて、この家はどう感じましたか?

ご子息 最初は反対していたんですよ。こだわりのゲストハウスなんて・・・。でも完成した家を見て、ああ、建てて良かったな。と思いました。なんか、これは自然と人が集まりそうだなという、心地よさがありましたね。

斉郷 この息子さんの言葉を聞いたとき、本当に建てて良かったと思いました。わたしも様々な家作りに携わっていますが、K様邸の様な住まう人の想い、もりぞうの想い、条件、想いを形にするスタッフ、全てが揃うなんてそうありません。息子さん、そしてお孫さんたちにも、ずっと守って受け継いでほしいと思う家です。

ご主人 器はできました。あとは、みんなが来てくれるような人間にならないとね。

 

人をなごやかにする気持ちの良さ、清々しさのある、まさにおもてなしの家でした。

お気に入りギャラリー

心地よい暮らしをもっとみる