建築事例

株式会社もりぞうHOME > 建築事例 > お客様の家一覧 > 岐阜県 Y様邸 2階建て

お客様の家お客様の家

岐阜県 Y 様邸 2階建て

縁で繋ぐ自然と共に暮らす家縁で繋ぐ自然と共に暮らす家

縁で繋ぐ自然と共に暮らす家

外と内を繋ぐ三方向の軒庇と二方向の縁。外観に柔らかさを与える曲線のむくり屋根。内と外を一体化させるために、大きな窓と外部の縁で繋ぐことで、自然と共に暮らすというご家族が理想とされていた夢の住まいが完成しました。
日本家屋の伝統様式である「田の字」プランを参考に、LDKを「田の字」に配置。将来グランドピアノを置くスペースも確保してあります。また、そのLDKと和室を内部の縁(広縁・廊下)で繋ぐことにより座の空間が生まれ、LDKと和室が一体でも使える間取りとなりました。しかしながら、建物をL字型とすることで、客間だけはLDKと程良い距離感をつくっています。
住宅会社選びにおいては、長期間しっかりとご検討されたというY様。その中で、檜と高気密・高断熱に理想の住まいを見出されてもりぞうを選ばれたそうです。

Y 様邸
地域 岐阜県
階数 2階建て
延床面積 164.39m²
  • リビング
    ひのき丸太大黒柱を囲む吹き抜けのリビングルーム。あらわしの梁、上階の木製手すり、天井の羽目板など木の香りあふれる寛ぎの空間です。
  • バルコニーとつながる2階ホール
    吹抜けの南面には、外観上アクセントにもなる小窓が並んでいます。軒は夏には影をつくり、冬には軒下の窓から明るさとあたたかさが届きます。
  • 和室
    曲線の框が奥行きを感じさせる玄関。朱色の塗り壁が和の雰囲気を醸し出します。すだれ調のスクリーンの向こうには、ご家族専用のクローク&入口があります。
  • ロフト
    しっかりと造り込んだ、二間続きの長押鴨居付き和室。黒檀の床板、床柱、落とし掛け、違い棚は、厳かな日本間らしさを継承する空間をつくっています。
お客様の声

スペック・デザイン・快適性、全てにこだわりがあり、また、楽しい家づくりでした。

住宅メーカーの選定で10社をまわり、およそ2年を費やしました。
当初は高気密・高断熱等スペックのみへの関心が強かったのですが、宿泊体験を数社経験した中で、何か物足りなさを感じていました。また、建築家の方に直接連絡して設計していただいたこともありましたが、デザインは最高だが、スペックが気になる・・・その中で、もりぞうは高気密・高断熱に加え、檜のこだわりも強いことや、むくり屋根などのデザインも良い、そして木曽の宿泊体験が快適であったことがもりぞうへの決め手でした。
ショールームでの打ち合わせでは、檜の香りとタモの床板がとても心地よかったことが印象に残っております。
また、営業・設計・コーディネート・工事監督の方々がとても経験豊富で皆様の連携もすばらしいと感じました。幾度と無くありました無理なお願いを快く引き受けていただき、大変感謝しております。本当にありがとうございました。
今思えば、家作りの時間は本当に楽しく、「もりぞう」に出会ってから今までがあっという間です。そして「もりぞう」の家を建てられて本当に良かったと思っております。

もりぞうスタッフ

東海支店 設計担当

東海支店 設計担当 洲淵 年史

Y様は非常に家づくりに対しこだわりのある方で、御契約前、御契約後非常に多くの時間を打ち合わせに費やしました。様々な建築事例を参考にし、Y様の理想の家づくりにいかに近づけるかという事をテーマに進めてまいりました。間取りで、特に拘られたところは、①お客様をお迎えする顔である玄関 ②家族が寛ぐLDK ③二間続きの和室 これらの部屋をいかに機能的に結び付けるかと言う事を念頭に置き打ち合わせを進めてまいりました。打ち合わせ中にしばしばもりぞうオブザイヤーの話も出ており、『ぜひ我が家で受賞したい』との言葉も頂いておりました。今回は本当の意味で、お客様と一体になった家づくりを実現できた事例です。

Page TopPage Top

住まいへのこだわり
高級素材「木曾ひのき」
長寿命の家
夏涼しく、冬暖かい
和モダンデザイン
耐震構造システム
商品ラインナップ
建築事例
モデルハウス
インテリアギャラリー
お客様の家
家づくりの流れ
建築家がプロデュースする家
モデルハウスを見学する
お近くのモデルハウス
モデルハウス見学予約
体験・お役立ち
木曾ひのき体験ツアー
家づくりお役立ち情報
ゼロエネルギー住宅への取り組み
書籍のご案内
お問い合わせ・申込み
お問い合わせ
資料請求
モデルハウス見学予約
家を建てた後のサポート
定期点検・建物の保証について
もうぞう倶楽部