家づくりお役立ち情報

株式会社もりぞうHOME > 家づくりお役立ち情報 > ひのきのおはなし① ~歴史的建物~

ひのきのおはなし① ~歴史的建物~ひのきのおはなし① ~歴史的建物~

今回は、ひのきを使った歴史的建造物のおはなし。ひのきは神社仏閣に使われていることはよく知られています。日本最古の歴史書と言われる日本書紀にも「杉と楠は舟に、ひのきは宮殿に、槇は棺にすべし」と記されていることも有名ですね。では、“木曾ひのき”が使われている建物がどこにあるかご存知でしょうか?皆さまのお近くにはありますか?ここで一部をご紹介します!

湯島天満宮 <東京都文京区>

学問の神様としても有名ですね。修学旅行や遠足で訪れた思い出のある方も多いのではないでしょうか?

伊勢神宮 <三重県伊勢市>

20年に一度の式年遷宮の御用材として指定されるのが、木曽の檜です。伊勢神宮は神社本庁の本宗です。

伊勢神宮

伊勢神宮

名古屋城 <愛知県名古屋市>

数年前から行われている本丸御殿の復元工事に、木曽の檜が使われています。

名古屋城

イメージ

越谷市能舞台 <埼玉県越谷市>

日本文化伝承の館である能舞台にふんだんに使われています。まさに檜舞台ですね。

まだまだあります!東京都の明治神宮神楽殿、愛媛県の大洲城、宮崎県の西の正倉院・・・。
休日を使って、旅行がてら訪ねてみるのも良いですね!

Page Top

住まいへのこだわり
高級素材「木曾ひのき」
長寿命の家
夏涼しく、冬暖かい
和モダンデザイン
耐震構造システム
商品ラインナップ
建築事例
モデルハウス
インテリアギャラリー
お客様の家
家づくりの流れ
建築家がプロデュースする家
モデルハウスを見学する
お近くのモデルハウス
モデルハウス見学予約
体験・お役立ち
木曾ひのき体験ツアー
家づくりお役立ち情報
ゼロエネルギー住宅への取り組み
書籍のご案内
お問い合わせ・申込み
お問い合わせ
資料請求
モデルハウス見学予約
家を建てた後のサポート
定期点検・建物の保証について
もうぞう倶楽部