見学会 家づくりのセカンドオピニオン

開催日時: 2020年9月19日(土)  10:00~ 13:00~ 15:00~

開催場所:東京都杉並区高井戸東3-36-35

間違いのない家づくりをするためには

家づくりのセカンドオピニオン」って何ですか?

「セカンドオピニオン」は、医療の分野でしばしば聞かれる言葉。本来の意味は、よりよい決断や選択をするために、専門的な知識を持つ複数の専門家に求める「意見」または「意見を聞くこと」を意味します。医療行為と同じく、家づくりは、そう何度もやり直せるものではなく、失敗が許されません。ところが、念願のマイホームが建ったばかりだというのに、不満を感じたり、後悔したりする人が少なくないそうです。そこで、ハウスメーカーや工務店や建築事務所に作ってもらった間取りや仕様に無理や無駄がないか、建築家の専門知識を持つ第三者としてチェック、アドバイスしようというのが「家づくりのセカンドオピニオン」です。

家づくりのこんな悩みを抱える人におすすめ

よくある悩みとしては、「ハウスメーカーと契約したがプランが気に入らない」「これでいいかどうかプランに自信がない」「ハウスメーカーを決めてしまったので今から変えられない」「契約をしてしまって、悩んでいる」といった内容が多いそうです。相談が多く、驚いたことに、家づくりの初期段階ではなく、既にハウスメーカーなどと契約して建て始めているケースさえあるのだとか。

「プランというのは、本来いろいろな形があって自由であるべきなんですが、ハウスメーカー側が、半ば流れ作業的に家づくりを進めてしまうこともあるし、家を建てることがメインの業者であれば、プラン作りをおろそかにして工務店寄りのプランニングになっている場合もありえます。」一方、施主側は、プランする人であれば皆プロだと感じるもの。すべてを任せてしまったり、言いなりになったりしてしまうのも無理はありません。

「プロだから、こちらの思いや希望をきちんと汲み取ってプランしてくれているはず」と思って任せきったり、「素人がプロにあまり注文を付けてはいけないのでは?」と我慢したりしていては、一生、“我慢した家”に住まなければいけない不幸な結果になってしまいます。そうなる前に賢く活用したいのが、家づくりの専門家による“セカンドオピニオン”なのです。

100%理想に近い住まいを目指すために

「理想の家を叶えるためには、予算と広さがどうしてもネックになります。けれど、施主さんの理想に限りなく近づけるプランは可能です。プランに違和感がある、予算内に収まらない、理想のプランをあきらめなければならないなど、家づくりに不安を感じているなら、早い段階でセカンドオピニオンを求めてみてはいかがですか」お気軽にご相談お待ちしております。

このイベントに参加する